NEWS

お知らせ
  • TOP
  • ブログ
  • CBDはストレスを緩和、不安を軽減し、精神疾患の治療にも有効
2021.07.20

CBDはストレスを緩和、不安を軽減し、精神疾患の治療にも有効

CBDは神経に作用し、セロトニンやドーパミンといった神経伝達物質に対する反応に関わります。
日々のちょっとしたストレスをなど抱えている方にも効果があり、さらに統合失調症などの重い精神症状の治療にも症状を和らげることを示唆する結果も出ています。

例えば、社会不安障害を抱えた人が、不安や緊張にさらされる場面に直面したり,何となく意欲が湧かない、緊張する、眠気が覚めないといったどんよりとした気分になる場合もあるでしょう。

また、大きなストレスを長く抱え続けると、うつ病や不安障害といった精神疾患を引き起こしてしまう可能性もあります。
そんな時に、気持ちを前向きにさせてくれたり気持ちを和らげたり、サプリメントとして、CBDオイルが役に立つかもしれません。

CBDが精神病症状を緩和するという報告もあったり、マウスを使った実験で、CBDがセロトニン受容体を活性化することで、うつに対して効果的に働くということが確認されたりした実験なども報告されています。